払戻し78億に課税 外れ馬券会費認めず 地裁

投資会社を否定するような解釈? 最高裁判断待ちか 競馬の馬券の大量購入を繰り返した男性が、払い戻し金にかかる税金を計算する際に、外れ馬券の購入費を必要経費と認めるよう求めた裁判の判決で、東京地方裁判所は「レース結果を個別に予想した買い方は一般の競馬愛好家と同じで、網羅的に購入するなど経費として認められる経済活動とは言えない」として訴えを退けました。 外れ馬券の購入費 経費と認めない判決 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150514/k10010079631000.html

競馬(けいば)は、騎手の乗ったウマ 馬により競われる競走競技、およびそれの着順を予想する賭博です。イギリスを発祥とする近代競馬は多くの国々で開催されていて、その多くは勝馬投票券の販売とセットの興業として行われています。

競馬は主に競馬場と呼ばれる専用の競技場で開催されています。一つ一つの競い合いを「競馬の競走 競走 (race)」と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走の種類は主に、平坦なコースを走る平地競走、障害物の飛越を伴う障害競走、繋駕車と呼ばれる車を曳いて走る繋駕速歩競走の3つからなり、他に繋駕車を曳かない速歩競走やそりを曳くばんえい競走などがある#櫻井他2004 櫻井他2004、80頁。競走では一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。決勝線への到達は、概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競走に限っては馬が引っ張るソリの最後部が決勝線を通過したときをもって判定される(詳細については競馬の競走を参照)。

用いられる競走馬は平地競走 平地や障害競走 障害、繋駕速歩競走 速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ種 アラブ、アングロアラブ、アラブ系種のウマ#品種 軽種馬もしくはクォーターホース、スタンダードブレッド スタンダードブレッド(アメリカントロッター)等のウマ#品種 中間種が用いられ、ばんえい競走ではウマ#品種 重種馬が用いられる。

競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本です。だが、競走の出走メンバーのみを変更するには限界があります。そこで考え出された方法として強い馬には重い負担重量を、弱い馬には軽い負担重量となるように負担重量を変更することである程度幅のある競走を組むことができる。負担重量の決定方法としては馬齢戦、別定戦、定量戦、ハンデキャップ競走などもある。

特別競走の中でも特に賞金が高額で歴史と伝統・競走内容等を考慮し、重要な意義を持つ競走として 重賞が行われる。さらに各重賞競走の役割と重要性を広く認識してもらい生産界の指標としての重賞競走の位置づけを明確にするため、グループ制(日本を含む一部の国ではグレード制)によってG1、G2、G3に分類されています。G1は競走体系上もっとも重要な意義をもつ根幹競走、G2はG1に次ぐ主要な競走でG1の勝ち馬も比較的容易に出走できる内容をもった競走です。G3についてはG1、G2以外の競走です。

G1競走(およびそれに類する格付けの競走)の中でも、3歳馬に対して行われる伝統のある競走をクラシック_(競馬) クラシックと呼ぶ。2010年現在、世界各地でクラシックと呼ばれる競走が行われているが多くの国が最初に始められたイギリスのクラシックレースを模範としています。イギリスのクラシックは全5競走ですがうち2競走は牝馬限定戦であり牡馬が出走可能な2000ギニー、ダービーステークス ダービー、セントレジャーの3競走すべてに優勝した競走馬を三冠 (競馬) 三冠馬といいます。ただし生産上の意味合いが薄れ、また距離別の路線が体系化されたこともあって三冠の概念は形骸化しています。なお、日本のクラシック競走も全5競走です。

競馬の歴史に関する詳細については競馬の歴史を参照。

ウマの速さを競わせること自体は有史以前、ウマが家畜化された頃から行われていたと考えられています。古代ローマ帝国およびそれを引き継いだ東ローマ帝国などでは、映画『ベン・ハー』に見られるようなチャリオット 戦車を引いたウマによる競走(現在行われている繋駕速歩競走は、この戦車競走の伝統を引き継いだものである)が行われていた。ローマやコンスタンティノープルなどには大きな競馬場が建設され、東ローマ時代には国家的な行事として競走が開催されていた。日本の平安時代の文献にも競馬(くらべうま)という表記があった。またユーラシア内陸部の遊牧民族の間では、現在でもモンゴル族などで行われているようなウマの競走が行われていた。紀元前12世紀のギリシャ競馬が最も古いとされています。

正式のルールに基づき専用の競技用施設(競馬場)において行われる競馬(近代競馬)は16世紀のイングランドに始まったとされ17世紀にはフランスやアイルランド、19世紀にはドイツやイタリアでも行われるようになった。また17世紀以降は、ヨーロッパ諸国の植民地であった国々を中心に、アメリカ州 アメリカ・アジア・アフリカ・オセアニアなどの地域においても近代競馬が行われるようになった。

競馬において用いられる競走馬については17世紀後半から18世紀にかけてアラブ種やトルコ馬、バルブ馬などがイギリスへ輸入されて品種改良が行われ、やがてサラブレッドと呼ばれる品種が誕生した。サラブレッドについては1791年にジェネラルスタッドブックと呼ばれる血統書が作成され、以後その生産において競走馬の血統 血統が重視されるようになった。

競走の施行形態については18世紀後半頃まではヒートレースやマッチレースが主体であったが、これらの方式は競馬が産業としての要素を持ち始めた頃から衰退し、多数の馬による一発勝負のステークス方式へと主流が移行した。競走の賞金も馬主同士の出資によるものから始まったが、現在ではスポンサーの出資と馬券の売上金の一部、および補助金や積立金から賄われています。

競馬発祥の地イギリスでは、王侯貴族や有力者によって近代競馬が形創られた過程を鑑みて「スポーツ・オブ・キングス (Sport of Kings)」と形容する場面もある。

競馬は単なる賭博としてだけではなく、音楽や文学、絵画や彫刻などの創作活動の主題として取り上げられたり、社会制度にも入り込んで一連の馬事文化を形成してきた。特にイギリスでは活躍した名馬の肖像画も多く残されていて、その姿を現代に伝えています。日本では寺山修司らによる競馬を主題とした文芸作品もある一方、競馬漫画や競馬ゲームといったサブカルチャー作品も多く発表されている

娯楽が多様化するに従って競馬に対する大衆の関心は薄まっていったが、時折現れるアイドルホース(大衆的な人気を得る馬)によって大衆的な関心が再燃することがあります。日本での代表的な例に、20世紀のハイセイコーやオグリキャップ、21世紀初頭のディープインパクト (競走馬) ディープインパクト、オルフェーヴルなどがいる。

を使用した六次投票券に順次置き換えられている)

競馬は競技者・関係者が行う「馬を競わせる」興行に対して、観戦者が勝馬を予想して金を賭ける「賭博」を指す意味でも用いられる。賭博が禁止されている国においても、賭博としての競馬はイスラム教 イスラム圏を除き例外的に認められている場合があります。

イギリスのブックメーカーが競馬場で発生して以来、競馬は賭博とのつながりが深く保たれています。しかし現在ではパリミュチュエル方式による主催者が胴元として統括する賭博が世界的な主流となっていて、ブックメーカーを認可している地域はあまり多くない。日本においても洋式競馬が導入された19世紀から既に勝馬投票券(馬券)が発売されていて、一方でブックメーカーはノミ行為として違法とされています。

勝馬を予想する方法については、古くからさまざまな模索がなされてきた。競馬新聞や馬券予想会社など、金銭と引き換えに他人に自分たちの予想を教えることを商売とする業者もある。また、自分が考え出した予想の方法を新聞・雑誌に寄稿したり、著作として出版する場合もある(予想 (競馬)を参照)。

馬券の販売は、主に発売対象の競走を開催している競馬場(本場)、もしくは同主催者の他競馬場、「WINS」などの場外勝馬投票券発売所、および提携している他の主催者の競馬場などで購入できる。また電話投票会員となり、電話やインターネットを利用して投票することも可能です。特にノミ屋などの私設馬券販売を防止するために、在宅投票の拡大が推奨されています。

競馬の開催における馬券販売は各国の法律で規制されていて、以下のように異なっています。

アイルランドでは馬券は老若男女購入できる

18歳未満は競馬場の入場・馬券購入禁止:香港(最近では、馬主や調教師の子息などは指定されたエリア内のみ入場が許可されてきた)、シンガポール、マレーシア、タイ王国 タイ

18歳未満は馬券購入禁止(保護者同伴であれば競馬場への入場は可能):南アフリカ共和国 南アフリカ、イギリス

20歳未満は馬券購入禁止(保護者同伴であれば競馬場への入場は可能):日本2005年1月以前は、20歳以上でも学生であれば購入できなかった。

21歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は不明):フィリピン

州によって異なる:アメリカ合衆国 アメリカ(馬券の発売が禁止されている州もある)

宗教的な理由により馬券の発売が行われていない:アラブ首長国連邦(馬券の代わりにイベントとして複数のレース(最高9競走)の1・2着馬を予想し、ポイントに換算して最高成績の者に景品が当たるプレイカードが配布されている)

馬券の購入者は、各競走終了後の配当が大きくなることを期待する。配当が100倍を超える馬券、つまり100円あたりの払戻金が1万円を超える馬券のことを「万馬券」と言う。10万円(1000倍)を超えると10万馬券、100万円(1万倍)を超えると100万馬券、そして1000万円(10万倍)を超えると1000万馬券と言われ、記録的な高額配当の際には一般のニュースで報じられることさえある。

100倍を超える配当はかつてはあまり目にすることのないものであったが、2002年(平成14年)に誕生した投票券 (公営競技)#連勝複式 馬番号三連勝複式(3連複)や、2004年に誕生した投票券 (公営競技)#連勝単式 三連勝単式(3連単)の登場によりその機会は飛躍的に増大し、逆に100倍を超えないことが稀となっています。

2005年(平成17年)4月9日には福島競馬場で初の1000万馬券が発生した。その1ヶ月後の5月13日には大井競馬場で史上2度目の1000万馬券が飛び出し、記録したばかりの最高配当記録が更新されるまでに至る。しかも的中したのは発売176157票中たったの1票(=100円)だけだった。さらに10月22日には東京競馬場で1846万馬券が誕生、2000万馬券も間近という大万馬券となり2010年(平成22年)4月6日には大井競馬場で史上初の2000万馬券が誕生しています。

様々な理由により(理由が明確にならないことも多い)、何年も続けて高額配当となる競走があります。そのような競走のことを「荒れる競走」と呼ぶことがあります。

中央競馬では2012年(平成24年)8月4日に開催された新潟競馬場 新潟競馬第5競走(17頭立て)において8番ミナレット(14番人気)→6番ヘイハチピカチャン(12番人気)と14番ファイヤーヒース(10番人気)(同着)の順に入り、8→6→14の3連単の配当が2983万2950円(4080通り中3850番人気、総票数80万8482票中的中票数1票)となったのが最高記録です。この記録は中央・地方を両方を含めた国内競馬全体のみならず、国内の公営競技全体においても史上最高額である(重勝式を除く)。

重賞競走では2008年(平成20年)10月19日に開催された「第13回秋華賞」の3連単の配当1098万2020円が史上最高額(牝馬限定重賞競走でも最高額)となっています。

重勝式では2011年(平成23年)6月26日のWIN5の配当が払戻金最高限度額の2億円となっています。この時の的中票数は3票だった。その後も2億円の配当が4回あった。

地方競馬では2010年4月6日に開催された大井競馬場 大井競馬第7競走(16頭立て)において15番ルドゥーテ(14番人気)→2番アーノルドツヨシ(4番人気)→13番グレイスレイラ(15番人気)の順に入り、3連単の配当が2488万720円(3360通り中3102番人気、総票数33万7137票中的中票数1票)となったのが最高額です。

重勝式では2010年(平成22年)1月31日に開催された帯広競馬場 帯広競馬(ばんえい競馬)第8-12競走での配当1022万2930円が最高額です。

アメリカでは、2005年5月7日に開催された「第131回ケンタッキーダービー」で4連単が86万4253.5倍という超高額配当が出ています。

右図に各国の競走数を示した(モンゴルのナーダム競馬、あるいは各種草競馬など国際競馬統括機関連盟が把握していないものは除く)。

競走形態は主に平地、障害、速歩に大別されています。平地競走は最も広範に行われ施行国は100ヶ国を超えると見られる。一方、速歩競走の競走数も平地に並ぶほど多くフランス、イタリア、スウェーデン、カナダ等ではこちらの方が人気が高い。障害はイギリス、アイルランド、フランスで主に行われています。フィンランドのように繋駕速歩競走のみを施行している国もある。

「パート」は国際セリ名簿基準委員会(ICSC)での格付け。

ヨーロッパの競馬も参照。

パートI

イギリスの競馬

フランスの競馬

ドイツの競馬

イタリアの競馬

アイルランドの競馬

パートII

ヨーロッパの競馬#デンマーク デンマークの競馬

ヨーロッパの競馬#ノルウェー ノルウェーの競馬

ヨーロッパの競馬#スウェーデン スウェーデンの競馬

パートIII

オーストリアの競馬

ヨーロッパの競馬#チェコ チェコの競馬

オランダの競馬

ベルギーの競馬

ポーランドの競馬

スロバキアの競馬

スイスの競馬

スペインの競馬

中南米の競馬も参照。

パートI

アメリカ合衆国の競馬

カナダの競馬

アルゼンチンの競馬

ブラジルの競馬

チリの競馬

ペルーの競馬

パートII

中南米の競馬#ウルグアイ ウルグアイの競馬

中南米の競馬#パナマ パナマの競馬

中南米の競馬#プエルトリコ プエルトリコの競馬

中南米の競馬#ベネズエラ ベネズエラの競馬

パートIII

コロンビアの競馬

ドミニカ国の競馬

エクアドルの競馬

ジャマイカの競馬

中南米の競馬#メキシコ メキシコの競馬

トリニダード・トバゴの競馬

アジア・アフリカの競馬も参照。

パートI

オーストラリアの競馬

ニュージーランドの競馬

アラブ首長国連邦の競馬

日本の競馬

パートII

香港の競馬

アジア・アフリカの競馬#インド インドの競馬

アジア・アフリカの競馬#マカオ マカオの競馬

シンガポールの競馬/アジア・アフリカの競馬#マレーシア マレーシアの競馬

トルコの競馬

パートIII

韓国の競馬

カタールの競馬

サウジアラビアの競馬

パートI

南アフリカ共和国の競馬

パートII

アジア・アフリカの競馬#ジンバブエ ジンバブエの競馬

パートIII

モーリシャスの競馬

その他の地域

アジア・アフリカの競馬#ケニア ケニアの競馬

競馬は馬を使役し、特に競走などで鞭を打つことから、動物虐待にあたるとして長らく動物の倫理的扱いを求める人々の会 PETAなどの動物愛護団体より非難の対象に挙げられています。それらの団体の多くは、馬の飼育環境や騎乗することそのものを馬の意思に反して行われている虐待行為であると主張しています。このため、一部の国・団体では鞭の使用回数に制限を設けられていて、例えばイギリスでは1競走につき10回までで、それを超えると騎手に騎乗停止処分が科せられる。

その矛先は競馬のみならず、競走馬の生産や屠殺、馬肉の生産にまで及ぶ。例えば、PETAは2009年に熊本県の馬の屠殺場の映像を公開し、馬が恐怖におののくままに殺されていると主張している - PETA(2010年8月24日閲覧・英語)。競走馬の屠殺については競馬業界関係者にも批判者がおり、アメリカでは2006年に競走馬の屠殺を全面禁止する法律が可決しているが、それに際して同国の関係者らからも賛成の声が上がっていた - 競馬国際交流協会・海外競馬速報。

競馬を題材にしたフィクションの作品において、ゲームは競馬ゲーム(けいばげーむ)、映画は競馬映画(けいばえいが)、漫画は競馬漫画(けいばまんが)と称されています。競馬漫画はスポーツ漫画の一種として扱われることがあります。

競馬をテーマにしたパチンコ台

ダービー(京楽産業、1989年1月発売)

CRAみどりのマキバオー(平和、2010年8月発売)

CR G1DREAM 最強馬決定戦(サンセイR&D、2013年3月発売)

CR KING of KEIBA(藤商事、2013年10月発売)

競馬をテーマにした漫画

みどりのマキバオー 単行本全10巻 つの丸作

ありゃ馬こりゃ馬 単行本全17巻 田原成貴原作・土田世紀作

風のシルフィード 単行本全23巻 本島幸久作

蒼き神話マルス 単行本全13巻 本島幸久作

ダービージョッキー 単行本全22巻 武豊原案による漫画作品。作画/一色登希彦、構成/工藤晋

Derby Queen 単行本全3巻 芦原妃名子作

優駿の門 単行本全33巻 やまさき拓味作

ウイニング・チケット (漫画) ウイニング・チケット 第一部21巻、第二部4巻 漫画:小松大幹、原案協力:河村清明

馬なり1ハロン劇場 2013年現在も連載中 よしだみほ作

スピーディワンダー 2014年現在も連載中 綱本将也原作・山根章裕作

勝算(オッズ) 上下巻完結 本宮ひろ志・田原成貴作

競馬の歴史

競馬中継

競馬の競走

競馬場の一覧

競馬ファン

賭博

投票券_(公営競技)

勝馬投票券

ノミ屋

コーチ屋

的中屋 - 藤子不二雄A『笑ゥせぇるすまん』の一作品。客が暴力団から預かった金を競馬で全てすってしまうという話です。

ワールド・サラブレッド・ランキング

競馬 アニマルスポーツ

競馬を題材とした作品

【プロレスリング・ノア×日本ダービー「BATTLE in NAKAYAMA」スペシャルマッチ】5月31日(日)中山競馬場にて日本ダービー開催記念スペシャルマッチが決定!

米海軍友好親善杯が開催された川崎競馬場で、優勝した競走馬「アッリヴァーレ」を撫でる、在日米海軍副司令官兼参謀長スティーヴン・ウィーマン大佐→ ちなみに海軍航空士官であるウィーマン大佐のコールサインはHorse(馬)なのです。

5月11日、川崎競馬場で米海軍友好親善杯が開催されました。このイベントは、川崎競馬場を所有する神奈川県と、県内に2つの主要な施設、横須賀基地と厚木航空施設を持つ米海軍とが、これまでに取り組んできた親善活動の一環として実施されました。

早速、今日からその馬券術を使って馬券を買おうと思っています。 PAT口座には3万円入っています。 菅田 英治 投資競馬運用バイブル"普遍の原理"から生まれた投資競馬の"不変の法則"

【競馬予想】全72レース予想

マジで⁈⁈⁈↑↑↑↑ オレポケモンとかもカビゴン寝てるトコロでよくわかんなくなって、ドロップアウトしたくらいだから、ちょっとコンプレックス感じてる……(>_<) ホント我々は競馬しかないですなぁ〜 (^^;;(^^;;

初めて東京競馬場に行った日なのでよく憶えています。ゴール前で傘持たずに見ていたらパンツまで濡れた記憶があります。たしか平場のダート戦でテスタマッタがとんでもない競馬していましたよね。

外れ馬券は経費と認めずか。・・・競馬で生計立てようとする事自体が間違いっていう判例だな。個人的には、うんその通り、って思う。競馬はエンターテイメントであって金稼ぎの手段じゃない。金稼ぎたかったら働け。

Reading:外れ馬券の購入費 経費と認めない判決 NHKニュース これどうなるんだろう。大金で競馬やったら詰むやん。

次の「本格的バブル」はいつ始まるのか 1958年札幌市生まれ。東京大学経済学部卒業。経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、獨協大学経済学部特任教授、株式会社マイベンチマーク代表(投資と投資教育のコンサルティング会社)と複数の肩書きを持つ。三菱商事、野村投資信託、住友信託銀行、メリルリンチ証券など計12回の転職経験を活かし、お金の運用、経済一般、転職と自己啓発といった分野で活動中。

中国主導「インフラ銀行」は巨大なリスクだ ぐっちーさん ■本名:山口 正洋(やまぐち まさひろ)。投資銀行家。1960年東京都港区生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。丸紅を経てモルガン・ス タンレー、ABNアムロ、ベア・スターンズなど欧米の金融機関を経て、ブティック型の投資銀行を開設。M&Aから民事再生、地方再生まで幅広く ディールをこなす一方、「ぐっちーさん」のペンネームでブログを中心に大活躍。

安倍首相と黒田日銀総裁の「深刻な距離感」 吉崎達彦■1960年富山県生まれ。 双日総合研究所副所長。かんべえの名前で親しまれるエコノミストで、米国などを中心とする国際問題研究家でもある。一橋大学卒業後、日商岩井入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。日銀第28代総裁の速水優氏の懐刀だったことは知る人ぞ知る事実。

日銀「財政ファイナンス宣言」のススメ 黒田総裁の会見は、日本株の買い材料に 日銀は、3月17日に行われた政策決定会合で金融政策の現状維持を決めた。黒田東彦総裁は、この結果を発表する記者会見で、「若干のマイナスになる可能性も否定できない」と付け加えた。 当面の物価上昇率が縮小していることを認めつつ、「2015年を中心とする期間」で2%の物価上昇率目標が達成できると見通しを述べた。

安倍首相の政策では、日本は復活しない

「ピケティ」は人口減少の日本で成り立つのか

私が「株価はまだ上がる」と考える理由 上場企業の業績は、まずまず順調だ 2月5日、あのソニーの株価が一時ストップ高まで上昇した。今期(2015年3月期)の400億円の営業赤字の見通しを、一転200億円の黒字に上方修正したことが効いた。 ソニーのかつての栄光を思うと、何ともささやかな利益と言うしかないが、株価にとって業績情報の影響、特に「予想外の修正」の力は大きいことがわかる。

競馬界屈指の人気剛腕ジョッキー内田博幸騎手がまさかの引退危機で背水の陣 JRA公式HPより 日本競馬界一の“剛腕ジョッキー”といわれる名手“ウチパク”こと内田博幸騎手が、まさかの引退危機に直面しているという。 08年3月にJRA(日本中央競馬会)入りを果たし、地方競馬出身としては06年の岩田康誠騎手に次いで2人目となる初騎乗初勝利を決めた内田騎手。その後の華々しい活躍は、競馬ファンにとっては説明するまでもないだろう。

オバマ大統領が一般教書で語った真実とは?

ロシアリスクがわかる「3600の法則」とは?

アベノミクス相場、どこまで賭け続けるべき? 安倍首相が、経済再生には「この道しかない」と高らかに叫んだ昨年の総選挙。ご存じの通り連立与党が大勝したが、はっきり言って印象の薄い選挙だった。筆者は、数日後には、総選挙があったことをほとんど忘れていた。読者もそうではなかったか。 「この道しかない」がよぎって、有馬で賭けたが・・ 一方、中山競馬場では、総選挙から2週間後の12月28日に、例年と比較しても豪華なメンバーで有馬記念が行われた。

競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

安倍首相がツキまくっていると言える理由

競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 1958年札幌市生まれ。東京大学経済学部卒業。経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、獨協大学経済学部特任教授、株式会社マイベンチマーク代表(投資と投資教育のコンサルティング会社)と複数の肩書きを持つ。三菱商事、野村投資信託、住友信託銀行、メリルリンチ証券など計12回の転職経験を活かし、お金の運用、経済一般、転職と自己啓発といった分野で活動中。

「自爆解散」で、勘違いをしている安倍首相

競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

露骨になってきた、「公的相場操縦」の行方 日銀と年金などの「公的相場操縦」がついに本格化。出口がどこにあるのかわからないが、日経平均は年度末2万円も(写真は黒田日銀総裁、ロイター/アフロ) 偶然ではない、ダブル株価対策 10月31日金曜日、「公的相場操縦」が華々しく起動した。日銀が追加緩和を発表し、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が中期計画の変更の形で新しい「基本ポートフォリオ」を発表した。

ネットビジネスと競馬だけで生活! [ネットビジネスと競馬だけで生活!]-[ネットビジネスと競馬だけで生活!]さんのブログです。このブログを閉鎖します!また新たに来年から新しい競馬ブログを作る予定です!ブログ名は、目指せ競馬をビジネスへ!では!来年もよろしくお願いします!ネットビジネスと競馬だけで生活! 競馬で勝つためには複勝馬券! 買い目を平日は地方競馬、休日は中央競馬の買い目を載せていきます。

消費税10%から逃げられないこれだけの理由

小泉進次郎政務官は、ハードボイルドだ!

安倍政権の「地方創生」という、怪しい政策

競馬人気、なぜ回復?コラボ企画や施設充実で、若者・女性・休眠客を獲得 JRAの戦略 AKB48 JRA CM「SMART JRA ガチ馬開始」篇(無料動画サイト「YouTube」より) 夏競馬の季節である。競争最高格付けであるG1は、6月末の宝塚記念を最後に、10月のスプリンターズステークスまで休止期間中だ。しかし、ビッグレースこそ少ないが、夏競馬も見所は満載だ。

「ヤバい日本経済」、本当はイケてない?

競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

日本版カジノは、愛されるディズニー型に

日本の株価はどれくらい「ヤバい」のか? 1958年札幌市生まれ。東京大学経済学部卒業。経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、獨協大学経済学部特任教授、株式会社マイベンチマーク代表(投資と投資教育のコンサルティング会社)と複数の肩書きを持つ。三菱商事、野村投資信託、住友信託銀行、メリルリンチ証券など計12回の転職経験を活かし、お金の運用、経済一般、転職と自己啓発といった分野で活動中。

君は本当のアメリカの姿を知っているか

W杯から透けて見える、欧州の南北問題

外国人投資家は、本当に日本株を買うのか ラグビーW杯(2015年英国開催)のジェバンス組織委員長(左から2番目)らの表敬を受ける安倍首相。森元首相の前ではおとなしい表情だ。ラグビーボールが転がるように、日本経済がどこに向かうかわからないような、ヘンな舵取りは避けて欲しい(ロイター/アフロ) まずは、株式市場をおさらいしておきましょう。

「第2のリーマンショック」は冗談と言えない

「第2のリーマンショック」は、冗談と言えない

日本経済の4番打者、輸出は復活できるか?

みなさん、アメリカ経済は調子いいですよ

やっぱり新興国経済は「軽くヤバい」ぜ

競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 日経平均株価は、2月4日に610円下げて1万4008円まで下落した。これは4カ月ぶりの安値だ。下げる理由はわからなくもないが、610円とは(4%強だ)いかにも大きいし、下落率は、先進国、新興国の中でも特に大きい。これは、どうしたことなのか。 自説の反省から取りかかろう。

アベノミクスは、小泉改革を超えられない?

終わりを意識しながら、バブル相場に乗る法 今週末には有馬記念がある。間違いなく年末がやって来たのだ。今年(2013年)を相場的に要約すると、「アベノミクス」の金融緩和を背景に、円安と株高が進んだ一年だったと言えよう。予想に自分の利害を持ち込むことは禁物だが、多くの投資家にとっては、喜ばしい一年だったろう。 いまはまだ、バブルではない 現状を確認しておこう。 株価から見る限り、現状は「まだ、バブルではない」。

競馬という自社ビジネスに関係ないことに金を使うアドビという会社を200%見直した件 いつものように、アドビさんからお呼び出しを受けまして、ユーたち、ちょっと夜に競馬場あるからきなさいと、意味のわからないことを言うので、こりゃなんだろうかと、行ってきました。 そして、気づけば大井競馬場です。そうです。トウィンクルレースです。東京シティ競馬です。TCKです。 ああ、たしかにTCKですね。

マスコミよ、アメリカ財政破綻とか書くな!!

アベノミクス相場の後半には、何があるのか 時は1987年10月に戻る。その日、10月20日、筆者は、三社目に転職した生命保険会社の中途社員研修で大阪のホテルにいた。前日のニューヨーク株式市場で後に「ブラックマンデー」と呼ばれる株価の大暴落(NYダウは1日で22%以上下がった)があり、このことを朝のニュースで知った。

先月末でしたか?会社員の方が、競馬の配当金を所得申告しなかった事で、所得税法違反に問われた件がありましたが、その後、この問題はどうなったのでしょうか?11月末... 報道がないので、まだ裁判は結審していないと思われますが…。 以下は被告側(国税局に訴えられたサラリーマン)の担当弁護士さんのHPです。 事件となった経緯、弁護士としての見解が掲載されています。 判決が出れば、その内容を細かく紹介してくれると思いますのでチェックされてみてはいかがでしょうか 。

広告を非表示にする