回転寿司のマグロ担当アカマンボウ 科学的発見

ギョっとしますね・・・。 【5月15日 AFP】銀色の丸い体をしたアカマンボウは、科学史上初めて存在が確認された恒温性の魚だとの研究結果が14日、発表された。この特異な能力により、低温の深海で生存競争の優位性を獲得しているという。 科学史上初の「恒温魚」、深海の生存競争で優位に 米研究 http://www.afpbb.com/articles/-/3048643

アカマンボウ(赤翻車魚、学名:''Lampris guttatus''、英名:enOpah opah)とは、アカマンボウ目アカマンボウ科 (Lampridae) に属する深海魚。別名、マンダイ。体型はマンボウ (''Mola mola'') に似るが、マンボウの仲間ではない。リュウグウノツカイに近縁の魚です。

全長2 m、体重270 kgほどにもなる大型魚です。体は円盤形で、左右から押しつぶされたように平たい。口は前に少し突き出ていて、歯がない。体はタチウオのように銀色で、白いまだら模様があり、小さくて剥げやすい鱗に覆われる。ひれと口元、目の周りは鮮やかな赤色で、胸びれ、背びれの前端部、腹びれが鎌状に長く発達する。側線は胸びれの上で背中側に大きく曲がっています。

外見や生態は和名のとおりマンボウにも似ているが、分類上はまったく別の魚です。マンボウと違って尾びれをもち、胸びれが垂直ではなく水平に長く発達しています。なお、ラテン語での目名、科名、属名は、「輝かしい」「明確な」という意味のギリシャ語 lampros に由来し、名のとおり鮮やかな外見の魚といえます。

世界中の熱帯・温帯の海に広く分布し、外洋域の水深500 mまでの表層・中層に生息する。ただし人目に触れない環境に生息しているため、生態についてはほとんどが不明です。

マグロなどと同様に、胸びれと尾びれを使って泳ぎながら生活していると考えられています。食性は肉食性で、クラゲ、イカ、オキアミ、小魚などを捕食する。いっぽう、敵はアオザメやホホジロザメといった外洋性の大型のサメです。

稚魚は細長く、リュウグウノツカイの稚魚に似ているが、背びれと腹びれが長く伸びないので区別されています。やがて体が円盤状になり、成魚の姿へと変わってゆく。

味がよく、食用にされ、ハワイや沖縄県 沖縄などでは珍重されています。アカマンボウは需要が低く、またその特異な体型から運搬、調理の際に一般的な規格(発泡スチロールやまな板の大きさなど)が通用しないため、専門に漁獲されることはないが、延縄などでマグロに混じって漁獲されています。

身の色は淡く綺麗なオレンジ色で、かつ肉は繊維質の赤身で、刺身や燻製などで食べられる。ただし、その身はマグロの身のような色で食味も似ている為、日本でも寿司ネタなどに利用されるようになった - SPA! 日刊SPA!。

調理については、腹側を刺身で、背側をムニエルなどの加熱調理用とすると良い。

マンダイ、マンボウ、ヒャクマンダイ、金魚とも呼ばれています。

南半球には ''Lampris immaculatus''(英名:southern opah)という種類が分布しています。全長1 mほどで、アカマンボウより小型です。

アカマンボウ目には多くの魚が分類されるが、その中のアカマンボウ科には1属2種しかいない。

魚の一覧 アカマンボウ目 赤身魚

今日のお昼は、バイキング✨ 先日、茂木先生と行ってきた 回転寿司ロケを紹介します? 夜は、ミュージックステーション!! 観て下さい( *`ω´)

【話題の画像】1人で回転寿司来たんだけどなんか席がおかしい。

年下と同い年に 回転寿司、コーヒーをたかられた。 Twitter用の写真を撮り終えた途端に 携帯触り出した。

家で回転寿司したい人へ

【 回らない寿司が食べたい時 】 「頑張ってお金を貯めていつか皆と食べよう」ってなるのがツナ 「山本の家でおごりで食べよう」ってなるのが獄寺 「自力で奪おう」ってなるのがリボーン 「回転寿司と等速で回れば寿司は止まって見える!!!」ってなるのが笹川了平

1人で回転寿司来たんだけどなんか席がおかしい(流れてくる寿司が柱のせいで直前まで見えないから寿司を取るためには反射神経が必要らしい)

はてなブックマーク · 学び · アカマンボウ、“温血”だった 魚で初めての発見 - gimonfu_usrのコメント. ( 経由 )( 家の裏で死んでたアレとは別の種類の由 )(マナガツオの血液も怪しいな。

科学史上初の「恒温魚」、深海の生存競争で優位に 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News 海中だとすぐに体が冷えてしまいそうだけど、そこは脂肪組織でうまく断熱しているみたい。

銀色の丸い体を 報告 xxx hissi ·

【5月15日 AFP】銀色の丸い体をしたアカマンボウは、科学史上初めて存在が確認された恒温性の魚だとの研究結果が14日、発表された。

13時21分 | Southwest Fisheries Science Center,; NOAA Fisheries,; AFPBBNews1,; アカ

経由 )( 家の裏で死んでたアレとは別の種類の由 )(マナガツオの血液も怪しいな。

生存 AFPBB News *「アカマンボウのえらには、体の中心部から温かい血液を運ぶ血管がある。

大西洋に生息する世にも珍しい『深海の珍種』10選!驚異的な深海の異型生物たち 大西洋の深海に生息する珍種の生物を10種類ほど取り上げてみた。非常に珍しい異型の生物たちで初めてこの生物たちを見た人達は衝撃を受けるだろう。泳ぐナマコに輝くクラゲ。見慣れた生物とはひと味違う美しさと気持ち悪さを持ち合わせた深海生物のフォトギャラリーをご覧アレ。

【地震の予兆か!?】 静岡県で珍しい深海魚が相次ぎ出現! 「生きた化石」と呼ばれる深海サメの仲間「ラブカ」が4月、駿河湾で捕獲され、8日から深層水ミュージアム(静岡県焼津市鰯ヶ島)で剥製の展示が始まった。 深海に住む生物を巡っては、県内では昨年12月にも、牧之原市の海岸で「リュウグウノツカイ」が打ち上げられており、地元住民からは「大地震の前触れか」と心配する声も上がっている。

体長約4メートル、珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が富山県の海岸に打ち上げられる 前の記事│このブログのトップへ 2009年12月17日 【画像】 体長約4メートル、珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が富山県の海岸に打ち上げられる  リュウグウノツカイと言えば、あの伝説のUMA「シーサーペント」の正体ではないかと言われるほどに硬骨魚類の中では世界最長の大きさを誇る魚。中には15メートルを超すものが発見されたという。

珍しい深海ヤドカリ 白浜沖で捕獲(和歌山)(紀伊民報) みなべ町出身の会社員、舟本兼一さん(37)=三重県鈴鹿市=が、珍しい深海のヤドカリの仲間、アカホシコシオリエビ(コシオリエビ科)を白浜町沖で捕獲した。甲殻類に詳しい千葉県立中央博物館上席研究員の駒井智幸さん(42)は「世界でも捕獲記録が少ない種。貴重なデータになる」と話している。

深海に生息する珍しいサメ、「ラブカ」 【静岡 25日 AFP】静岡県沼津市のあわしまマリンパーク(Awashima Marine Park)には深海に生息する珍しいサメ「ラブカ」が保護されていた。このラブカはメスで、体長160センチ、体重7.5キロ。生きた化石とも言われ、この10年間での捕獲記録はわずか2件。1月21日にマリンパーク周辺の海で捕獲されたという。写真はあわしまマリンパークのラブカ(21日撮影)。

海の大部分を占める深海の珍しい住人達 2006年2月8日オープン 未知の深海に生息する深海生物は、発光器官をもっていたり、目が異常に発達していたり、逆に目が極端に小さいあるいは無かったり、餌をとるために大きな口であったりと特異な形態をしています。 これら深海生物の中から特異に変化してしまった深海生物をクローズアップしてみました。これらの深海生物を紹介することで未知の深海の環境を理解する一助になれば幸いです。

深海魚が地球温暖化の影響で浮上してくることってあり得る話なのでしょうか?さいきん,漁で深海魚が釣れるようになっていて,それは地球温暖化の性で海温が上昇して,... 日本海では,リュウグウノツカイやダイオウイカ等の深海生物が,冬季に浜に打ち上げられたり,定置網に良く入ります。これは,厳冬期に日本海の表層の水温が低下し,深海の水温と同じぐらいになりますと,表層水と深層水が循環します。その循環に乗って深海生物が表層近くにまで浮上し,季節風で海岸に流されるためと考えられています。 元々富山湾には,新海生物が生息しています。深海生物が表層まで上がってくる時期は,上記で説明しました厳冬期と立山の雪解け水が流れ込みます4月です。深海性のホタルイカは,立山連峰の冷たい雪解け水が流れ込む季節に産卵のため浮上します。

広告を非表示にする